設定資料

Project Roche Limit年表

AD2015
第一世代アンドロイドの誕生。
AD2020
無人探査機がアルファ星系第四惑星到達、観測と結果の送信を行う。
AD2024
第二世代アンドロイドの誕生。
AD2025
External Project発動、恒星間移民船グングニルの建造開始。移民者の選定開始。
AD2031
グングニル完成、発進。
AD2032
ナノマシン技術の確立。第三世代アンドロイドの誕生。
AD2039
仮想情報空間の基礎理論完成。
AD2040
第四世代アンドロイドの誕生。
AD2041
仮想情報空間の再構築型の研究施設にて大規模な事故発生、過熱する研究競争に終止符。鋼の革命発生、民生用アンドロイドの開発開始。
AD2043
グングニル、第四惑星到達。第一次調査隊が原生生物「FS」と接触、交戦状態に陥る。FSの殲滅と平行してテラフォーミングを敢行。
AD2045
グングニルにおける第二世代アンドロイドの試験型アンドロイド生産開始。
AD2047
テラフォーミング完了。最後のFSとグングニル内部で戦闘、撃破。移民開始。
AD2049
仮想情報空間稼動開始。
AD2050
恒星間移民船グングニル、軌道エレベータと繋がれ宇宙港となる。
AD2051
地球における第五世代アンドロイドの誕生、以降は世代の概念が消失する。
AD2054
AD2074
空間短縮路『バイパス』完成、惑星間の移動が容易に行われるようになる。
AD2076
無人戦闘機X-1が有人試験飛行中に暴走。パイロット1名が死亡し、該当機が破壊される事件が起こる。X-1開発プロジェクト凍結。
AD2080
サイバースフィアと接続。この時点では公にされなかった。
AD2083
サイバースフィアとの接続を公に発表。
AD2085
大気圏内自動防衛システム開発プロジェクト発動。システムのコアのベースにX-1の技術を採用する。
AD2094
大気圏内自動防衛システム中枢機となるX-2及び子機が完成。試験飛行開始。
AD2099
大気圏内自動防衛システムの正式運用開始。
AD2100
サイバースフィア-仮想情報空間緩衝領域完成。サイバースフィアと仮想情報空間、現実空間の行き来が可能となる。
AD2153
大気圏内自動防衛システム中枢機X-2護衛機XK-00の制式配備。
AD2200
アルファ星系に存在する居住可能惑星のテラフォーミング及び移民完了。
AD2209
第二世代大気圏内自動防衛システム制式配備。第一世代大気圏内自動防衛システムをグングニルIIの護衛用に改修
AD2210
第二次恒星間移民船「グングニルII」発進。
AD2225
グングニルII、未知の生物群(UFS)と交戦。以降、不定期に戦闘が発生する。
AD2228
グングニルII、UFSとの戦闘で初の死者。人体に寄生する能力があることが判明。対策が進められる。対UFS用兵器の開発とそのパイロットの育成がはじまる。
AD2229
UFS用万能戦艦「ノーチラス」、ロールアウト
AD2230
資源調査船「クローラ21」がUFSの襲撃を受ける。護衛にあたっていたノーチラス2艦のうち1艦が戦闘不能、1艦が縮退炉を暴走させ敵を道連れにする。
AD2231
無人探査機が移住可能な惑星を発見、Earth 2ndと命名される。最終目的地に設定。UFSの殲滅作戦展開が決定される。
AD2232
作戦「最終出口」開始。同年12月に作戦終了、Earth 2ndへの移住が始まる。