DAYS

『絶対防衛戦』

『降下、10秒前』
オペレータがカウントを始める。
0になると同時、機兵の脚部を固定していたロックボルトが解除。
機兵はレールを滑って、輸送機外へ飛び出る。
視界が機械の黒から空の青に塗りかわる。
一瞬の浮遊感、自由落下。
『全機降下開始』
『敵の対空砲確認』
機竜隊の連中、仕事サボりやがったか』
眼下には敵の作った塹壕が見える。
その塹壕の一部に対空砲が設置してあり、さらにそれが火を噴き始めた。
着地用のロケットモータを点火、落下速度が減速。
先までの落下軌道を対空砲弾が貫く。

『敵、機兵の降下確認』
『味方の撤収完了』
『ビッグ・アップルのタイマー設定完了、240秒後に起爆します』

『敵の機兵が移動を開始』
『予想通り、解除に向かっているか』
『やはり、旧プロトコルは完全に解読されているようですね』
『ったく、仕事増やすなよなぁ』
『こっちとしてはやりがいがあって良いよ』
『撤収の時間は何とか稼げそうだ』
『ビッグ・アップルのタイマーが解除されました』
『思ったよりも早いな』
『前方に強力なエーテル変動を検出、テレポートです!』

ロケットブースターの加速に身体が押しつぶされそうになる。
それでも操縦桿はしっかりと握り、目は正面を捕らえる。
眼前に広がるのは宇宙の黒と星の青だ。
『ブースター切り離し』
同時にブースターが切り離され、その様子が後部カメラが映す。
ブースターの他に10機の機竜の姿もあった。
「俺たちが間に合うか怪しいところだ」
「間に合わせるのだ」
「そうだな。再突入コース変更だ。エーテルの大量消費になるがやってみる価値はある」
「再突入コースを再計算。割り出し完了、HUDに表示」
「友軍にデータ転送を頼む」
「了解。……転送完了」
通信機から無数の声。
「ノリが良い連中だ」
「再突入まで残り120秒」
「了解」

指揮車の前に現れたのは敵の機兵だ。
車両の装甲は分厚く、大体の攻撃は通さない。
が、それは対歩兵の話であり、対機竜・機兵戦では通用しない。
特に機兵に対する防御はこの大陸では軽視されていた。
理由は機兵が存在しないと単純だ。
そういう"文化圏"に機兵を主流とする文化圏の人間が来た、それだけのことだ。
「敵にロックオンされました……」
「アブソーバは全開にしておけ。ギリギリまで粘れ」
「後続の敵機兵に追いつかれました」
「囲まれた、か」
敵の機兵はそれぞれの武器を構えているが撃ってくる様子は無い。
「人質か、それとも情報が欲しいのか。判断に困る連中だ」
突然、指揮車の正面にいた機兵の胸部装甲が陥没した。
続いて爆発。
「上空より友軍機接近中です。機竜12」
「援軍か!?」

「散開しろ。応戦だ」
「大気圏外から出張かい」
「ギャラは上乗せの上乗せの上乗せだな」
「金は良いからどうに―」
通信機からノイズ、ディスプレイには2番機全損のメッセージ。
「対空ミサイルぐらい使わせろよ。ったく」

『警告: 前方から対空ミサイル接近』
一騎の目も接近するミサイルを捕らえていた。
すぐさま機首を上げて垂直上昇、ミサイルがブラック・アウトの後方に食いつく。
「良いミサイルだ」
そう言いながら、後部レーザーガンを速射、ミサイルが爆発し破片をまき散らす。
破片の一部がブラック・アウトのシールドに弾かれる。
「次はこちらの番だ」

「2機沈めたぐらいでいい気になりやがって」
レバーを握りながら男は空の敵を睨む。
サイドパネルを操作し、
機竜慣れしてないと思ったら、大きな間違いだ」

『警告: 大規模なエーテル変動を検知』
「あの機兵、何をする気だ?」
眼下の機兵の装甲の隙間から白い光が漏れる。
「攻撃は……」
他の機竜がミサイルを撃ち込むが見えない壁に阻まれて爆散した。
装甲の隙間から光が止まると同時、分厚い装甲が剥がれ機兵の本体が見えた。
予想よりも細いフレームだ。
「高速機動形態か」
彼の言葉通り、機兵が動きを再開した。
機首を右に向けて推力を全開にする。
相手は脚部の関節を曲げ、跳躍の姿勢。
地面を蹴り上げ、背中と脚部のバーニアを吹かす。
「敵は全員、高速機動形態か」
『操縦モードの切り替えを提案』
「望むところだ」