DAYS

『異世界にて』

青年は自分のおかれた状況が理解できずにいた。
少なくとも自分の知っている場所ではない。
壁は小さく切り出した石を積み重ねたものだ。
照明は見慣れた電気の明かりではなく、ろうそくか何か燃やしているものだ。
昨晩は学校の友人の家で出たばかりの格闘ゲームの相手をさせられていた。
夜の1時ぐらいまでやり倒した後、軽く酒を飲んでバカな話をして解散したはずだ。
確か、3時だ。
自室のベッドに倒れ込むように寝る時、視界に一瞬だけ目覚まし時計が入った。
記憶が正しければだが。
だが、今、自分がいるのは自室ではない。
上着のポケットから取り出したVIST(仮想情報空間端末)は圏外だ。
夢にしては現実感がありすぎるようにも思うがこれは夢だろう、と彼は思うことにした。
扉を開ける音。
反射的に彼はその方向を見た。
水差しを持った白の少女だ。
よく見れば頭には猫の耳のようなものがついている。
「……ゲームのやり過ぎか?」
青年の呟きが聞こえたのか、
「どうかしましたか?」
と少女が問う。
「大丈夫だ、大丈夫」
どう考えても大丈夫ではないがな、と心の中で続ける。
「でも、悩んでるような顔をしてますよ」
調子が狂いっぱなしだ、と彼は顔を手で押さえようとして、やめた。
この少女のことだからこちらのことを気遣ってくるに違いない。
「どうして、俺はここにいるんだ?」
「……覚えてないのですか?」
夢遊病者にでもなったのか、俺は、と彼は問う。
「入ってきた後、いきなり倒れてしまったしまったので……」
「それは迷惑をかけたな」
困ったような笑みを浮かべるだけで言葉はなかった。
「どうやら、俺は少しばかり変わった夢を見ているようだ」
少し驚いた表情で少女は青年を見る。
耳がぴんと立っているので驚いているに違いない。
尻尾があれば同じようになっているのだろう。
青年の位置からは見えないが。
「……寝て覚めたらいるべき場所にいる、と思う」
「ねこが眠るお手伝いをしましょうか?」
「横にいてくれ」
少女の言葉の意味を理解したのかしなかったのか、彼はぶっきらぼうにそう言った。
早く覚めてくれ、と彼は彼女の返答を待たずに瞳を閉じる。
人に横の気配、恐らくその少女だろう。
青年は心の底にあった緊張が解れていくのを感じた。
額に何かが触れる感触。
少女の手だろう。
その指は少しばかり細いが優しい。
懐かしさを覚えながら、彼は眠りに落ちた。

遠くから何か音が聞こえる。
規則正しい高い電子音。
布団を被ったまま、時計の位置を手で探り拳で叩いて止める。
寝返りを打って天井を見れば、見慣れた自分の部屋だ。
「……見慣れた、か」
今日の夢は随分と変わった夢だった。
詳細を思いだそうとしたところで、頭が痛みを訴える。
調子に乗って飲み過ぎたか、と彼は頭を抑える。
おぼろげに見えていた夢のイメージが消し飛んだのがわかる。
夢の記憶が脆いと聞いたことはあるが本当らしい、とだるい身体をひきずり、買い置きの薬を探しながら彼は思う。
しかし、と彼は続ける。
不思議と優しい夢だった。
詳しくは思い出せなくても、それだけ覚えていれば十分だ。
区切りをつけて彼は日常に復帰した。

背景の類

猫耳の少女は【拙速尋問者】で公開されている「ゆうやけ ないて」の神殿の猫さんです。
青年の方は自作の架空オンラインゲーム「Extreme World」に出てくる登場人物の一人です。
精進します、はい。