DAYS

『買い物』

「機兵相手は調子が狂うな」
詰め替え用の洗剤をカートのカゴに入れながら一騎は言った。
「戦ったことの無い敵だったのが大きな原因だろう」
シャンプーとリンスを両の手にとって見比べているエリス
「何やっているんだ?」
「これとリンスインシャンプーを買うのとどちらがCPに優れるのか考えていた」
「そこまで考えなくても良いだろう」
「そうか……」
何処か納得いかなさそうにエリスはシャンプーとリンスをカゴの中へ。
「買うべきものは揃ったか。何か、食べたいものとかあるか?」
「私は特に無い。一騎はどうなのだ」
「俺も特に無いな。さっさとレジ済ませて帰るか」
「賛成だ」
カートを押す一騎の横をエリスが歩く。
「交代するか?」
「大丈夫だ。軽い」
「了解した」
レジを済ませて、割れにくいものを下、割れやすいものは上の順番で持参のバッグの中に詰め込む。
「帰りは私が持つ」
「結構、重たいぞ」
「軽いのでは無かったのか」
「あれはカートで押していたからだ」
「許可できないか?」
「条件付だ。疲れたら俺に代われ」
「了解した」
何処か嬉しそうな顔でエリスはバッグを持った。
店の外に出ると空の青が深くなっていた。