[[ORACLE関連]]

* Ubuntu 9.10にORACLE XEをインストール [#t3c8e9d3]

** Oracle XEのインストール [#yd86e816]
[[Oracle XE - Pukiwiki:http://tidus.ultimania.org/wiki/index.php?OracleXE]]より転載。~


Oracleは丁寧にもapt-lineを提供してくれている。/etc/apt/sources.listに下記のapt-lineを追加しよう。
 deb http://oss.oracle.com/debian unstable main non-free
 deb-src http://oss.oracle.com/debian/ unstable main
apt-getで楽々インストール。
 # apt-get install oracle-xe-universal
インストールが完了したら、Oracle XEのコンフィギュレーションを実行する。
 # /etc/init.d/oracle-xe configure
Oracle XEのHTTPインタフェースのポートと、SYSTEM/SYSユーザのパスワードを入力すればインストール完了。
**起動 [#v964c9be]
 # /etc/init.d/oracle-xe start
http://localhost:8080/apex/にアクセスすると、DB管理ツールが表示される。

**環境変数の設定 [#j6c622d0]
.bashrcに次のように記述。
 export ORACLE_HOME=/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server
 export PATH=${JAVA_HOME}/bin:${ORACLE_HOME}/bin:${PATH}
 export NLS_LANG=japanese_japan.UTF8
NLS_LANGを設定しないと、日本語が正しく処理されないので注意。

**接続 [#mf6e486d]
 $ export ORACLE_HOME=/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server
 $ export PATH=${ORACLE_HOME}/bin:${PATH}
 $ sqlplus /nolog
 SQL> connect SYS/<password>@XE as SYSDBA;
Oracle XEはOracleのインスタンスを1つしか持つことができず、インスタンス名はXEとなる。

**その他 [#v61008cf]
***データベース名の変更 [#lfec0926]
デフォルトのデータベース名XEをそのまま使うのは気持ち悪い。データベース名を変えてみよう。tnsnames.oraの次の部分を
 XE =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = piano)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = XE)
    )
  )
次の様にに変更。
 TEST =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = piano)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = XE)
    )
  )
アクセスしてみる。
 $ sqlplus SYSTEM/<パスワード>@TEST
ただし、JDBCのURLは上記の設定では変わらない。
***tnsnames.oraの内容 [#fa9b1087]
/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/network/admin/tnsnames.oraの内容
 XE =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = piano)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = XE)
    )
  )
 Yahoo!検索 サイトエクスプローラーをご利用ください。
インデックス数やインデックス状況、被リンク数の確認など、サイト管理者向け機能を提供しています。 
 EXTPROC_CONNECTION_DATA =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS_LIST =
      (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC_FOR_XE))
    )
    (CONNECT_DATA =
      (SID = PLSExtProc)
      (PRESENTATION = RO)
    )
  )

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS