タグ別アーカイブ: Mac OS X Lion

Mac OS X 10.7で管理者権限がなくなってしまった

Macで管理者権限がなくなってしまった時の対処方法: おたくマニアのココロを参考にやってみるも、admin.plistを削除した以降の手続きがうまくできず。

最終的にAdministrator privileges: Apple Support Communitiesのadmin.plistをコピーする方法で解決。

rm /var/db/dslocal/nodes/Default/groups/admin.plist

cp /System/Library/DirectoryServices/DefaultLocalDB/Default/groups/admin.plist /var/db/dslocal/nodes/Default/groups/admin.plist

動作が何やらもっさりしていたので

環境

  • MacBook Air Late 2010 13インチ

思い当ること

  • 7.2にアップデートするとき、ソフトウェアアップデートを使った
  • もしかして、それでトラブル?

手順

  1. コマンド+Rキーを押しながら電源オン、リカバリーモードで起動
  2. アクセス権の修復を行う
  3. OS X Lion Update 10.7.2 Client Comboをダウンロード
  4. インストール

結果

時折、発生していた引っかかりがなくなったので解決したと思われる。

これから先のアップデートでよくなることに期待。

LionはSLに比べてCPU温度が高い?

環境: MacBook Air Late 2010

処理をするとすぐにCPU温度があがる。Snow Leopardに比べて10℃ほど高い。

最終的にはSMCリセットで解決したようで。

参考:Intel-based Macs:SMC (システム管理コントローラ) のリセット

ほかに試したが効果のなかったものは

  • クリーンインストール、TimeMachineからの復元
  • PRAMクリア
  • キャッシュの削除
  • セーフモードでの起動
  • メンテナンススクリプトの起動

当面はこれで様子を見る予定。

Mac OS X Lion インストールから初回起動

インストール

Mac App Storeからダウンロード、インストールの完了には再起動が必要。

リリース当日はさすがに混むだろう、と思ったが最初の購入に手間取ったぐらいで、ダウンロードからインストールまで30分程度で完了した。

光回線、MacBook Air 13インチ Late 2010でこの時間なので、性能の高いマシンならもっと早く終わるのではなかろうか。

初回起動

何事もなかったかのように起動、メッセージなどは特になし。

ざっと、動かした感じでは起動不能になったソフトウェアはないものの、アンインストールされているソフトがちらほら。フォントが変わっているのと、トラックパッドのスクロール方向が逆になっているのが気になる。

Spotlightのインデックス作成が始まっているのでしばし放置。

起動時間は45秒、Snow Leopardが30秒ほどだったので、若干、遅くなっている。しばらく使ったら再計測しよう。

ソフトウェアの再インストール、アップデート

  • GlimmerBlockerが消えていたので再インストール、この時、一緒にJavaランタイムもインストールした。LionからJavaランタイムは外されたのだった。幸い、設定は残っていたのでそのまま、スムーズに使うことができた。
  • かわせみのLion対応アップデートがあったので適用。
  • iTunesが正式版に置き換わっていたので、iTunes 10.5 beta 3再インストール。

トラブル

  • Safariのアップデートが含まれているので、Tunes TEXTが正常に動かなくなった。ほか、Safariのコンポーネントを使っているウィジェットの表示がおかしくなっている模様。