タグ別アーカイブ: iPhone

レビュー「iPhone Xs Max」

iPhone XからiPhone Xs Maxに機種変更したので比較中心のレビュー。

サイズと重量

iPhone X iPhone Xs Max
高さ 143.6mm 157.5mm
70.9mm 77.4mm
厚さ 7.7mm 7.7
重量 174g 208g

一回り大きくなって、その分だけ重量も増えている。

このサイズになると、ポケットに入れるとはみ出るので、何か別のものに入れたほうがいい。サイズ感としては、Plusと同じ。

ディスプレイ

iPhone X iPhone Xs Max
種類 Super Retina HDディスプレイ Super Retina HDディスプレイ
サイズ(対角) 5.8インチ 6.5インチ
サイズ(標準的な長方形) 5.85インチ 6.46インチ
解像度 2,436px * 1,125px 2,688px * 1,242px
コントラスト 1,000,000:1コントラスト比(標準) 1,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ あり あり
広色域ディスプレイ あり あり
3D Touch あり あり
最大輝度 625cd/m2(標準) 625cd/m2(標準)

こうやってみると、サイズが大きくなったこと以外は同じ。

iPhone X以降、四隅が丸くなっているため、長方形で表示できる領域が狭くなっている。対応しているアプリを表示すると画面の大きさが体感できるが、そうではないアプリだと画面は窮屈に感じられる。Plusシリーズを使っていた人だとがっかりするのではないだろうか。

防塵性能、耐水性能

iPhone X iPhone Xs Max
IP67等級 IP68等級

防塵性能はそのままで耐水性能が向上している。

AppleのiPhone Xsの仕様ページには最大水深2メートルで最大30分間と書かれている。

実際のところ、カバーが濡れると乾かすのが大変であったり、端子部分を十分に乾かす必要があるなど条件が多い。水に濡れても大丈夫ぐらいに考えておくのが無難だろう。

チップ

GeekBenchのResultから引っ張ってきた。

iPhone X iPhone Xs Max
チップ名 A11 Bionic A12 Bionic
メモリ 3GB 4GB
ベース周波数 2.39GHz 2.49GHz
コア数 6個 6個
L1キャッシュ 32KB 128KB
L2キャッシュ 8MB 8MB

メモリの増加、ベース周波数の向上、L1キャッシュの増加と違いはあるものの、劇的な変化を感じるものではない。

コア数6個の内訳は性能コアが2つ、効率コアが4つ。AppleのサイトではA11と比較して、性能コアは最大15%高速化、効率コアは最大50%少ない消費電力とある。

この辺はバッテリー持ちと熱の少なさにつながる。温度計などを持っていないので正確な数字は出せないけど、iPhone Xs Maxのほうが熱を持ちにくく感じる。

GPUは50%高速になったらしい。iPhone Xで性能不足にはなっていなかったから、違いがさっぱりわからない。

両方ともニューラルエンジンを搭載、A12のニューラルエンジンは性能が向上している。このニューラルエンジン、カメラを使うときに活用されているようで、夜景やポートレートモードでの撮影に威力を発揮している、ようだ。

カメラ

性能表の書き方がぶれているので表は省略。

自動HDRからスマートHDRになったのが大きな違いか。

黒猫の撮影に強くなったのでは、と期待していたのだけど、フレームにおさまらない猫相手にはどうしようもなかった。

ビデオ

こちらも性能表の描き方がぶれているので表は省略。

マイクがモノラルからステレオになって、ステレオ音声で撮影できるようになっている。

Face ID

縦のみで横向きには対応していない。新しいiPad Proは縦や横でも認証できるのに。

認識速度は速くなったらしいけど、体感できるほどでもない。

付属品

Ligthning – 3.5mmイヤホン・ヘッドホンジャックアダプタがなくなった。純正品は1,000円前後で購入できる模様。

スピーカー

スピーカーにも改良が加えられている。音量が大きくなったり、低音がよく出るようになった。

ボディ

iPhone Xの時はシルバーにしたけど、フレームにすぐに傷がついてしまった。今回は表面が加工されているスペースグレイを選んだ。

これが凶と出るか吉と出るかは時間が経たないとわからない。

アクセサリ

本体のサイズが変わっているのでケースの類は使いまわせない。Qi充電器やケーブルは同じものが使えた。

雑感

一回り大きくなって、きれいな写真がとりやすくなって、バッテリー持ちがよくなったiPhone Xといったところ。

4から4s、5から5sよろしく堅実なアップデートだと思う。Maxが出て画面サイズが大きくなったのは予想外だったし、今まで画面が大きなモデルはPlusと呼んでいたのにMaxになったのも予想外だったけども。

iPhoneのアプリの見直し(検索)

事の始まり

  • 広告が鬱陶しい
  • 広告を消せるブラウザを使いたい
  • iOSは標準ブラウザがSafari固定で変更できない
  • アプリ連携で直接、他のブラウザを呼び出せば良いのでは?

検索の流れ見直し

  • Spotlight経由だとSafariが起動する
  • Quickaというアプリを使うとURLスキーム対応のブラウザが呼び出せる
    • iCab Mobileを呼び出すことにした

そして他にも始まる見直し

  • QuickaはGoogle検索のほか、様々なアプリと連携して検索できる
  • と言うことで大辞林やマップなども呼び出せるように見直し

参考

iOS5のBluetoothアイコンが消える?

環境

  • iOS 5.1.1
  • iPhone 4S

症状

  • ステータスバーのBluetoothアイコンがBluetoothのオンにしていても表示されない
  • 設定画面では表示される

原因

  • Bluetoothでペアリングしているデバイスがなかったため
    • ようはOSの仕様らしい

解決方法

  • なにかしらのデバイスをペアリングする

雑感

  • すっごい勘違いでアレ。

iTunesの同期エラー(-50)

症状

エラーメッセージが表示されてiPhoneの同期に失敗する。

環境

  • MacBook Air Late 2010
  • OS: Mac OS X 10.7.2
  • iTunes 10.5.3
  • iPhone 4S iOS 5.1 b3
  • 同期方法:Wi-Fi、ケーブル

原因

よくわからない。

解決方法

iPhoneのハードリセット(ホームボタンと電源ボタン長押し)したあと、繋いだら正常に同期が完了。

Wi-Fiでもケーブルでも問題なし。

OpenFeintはiPhone本体の個体識別情報を使っているらしい

発端

友人に使わなくなったiPhone 4を譲ったことから話がはじまる。

その友人からOpenFeint対応ゲームを起動したら、こちらの名前が出てきたと連絡がきた。

調べた

OpenFeintの情報はiPhone本体の個体識別番号とひもづいているらしい。

解決法

OpenFeint対応ゲームの設定画面からRemoveしてもらった。

再発防止

OpenFeint対応ゲームを使ったiPhoneを譲る際は、OpenFeintの設定画面からRemoveする。

ezweb.ne.jpのメールのプッシュ通知

現状ではezweb.ne.jpのメールのプッシュ通知には対応してない。

iPhoneの設定で最短15分ごとにメール受信できるけど、これは電池持ちが悪くなるし、使い勝手が少々悪い。携帯電話のメールだと速さが命のところがある。待ち合わせに遅刻しそうだ、なんて連絡で15分のラグは致命的。

ezweb.ne.jpのメールは転送先アドレスを2つまで指定できる。iPhoneがプッシュ通知してくれるメールやサービスに転送してやればいい。

  • メールに転送する(例: iCloudメール(me.com)やGmail、Yahoo!メール)
  • Cメールに転送する
  • Boxcarを使う

などがそう。

プッシュ通知に対応したメールサービスに転送する

プッシュ通知に対応したメールサービス(Gmail、Yahoo!メール、iCloudのメール)などに転送する。

すでにプッシュ通知に対応したメールアドレスを持っているなら、転送設定するだけなので設定が簡単という特徴がある。

欠点はオリジナルと転送したメールの2つ受信すること。

Cメールに転送する

Cメールのアドレスに転送する方法。

契約時点から使えるCメールに転送設定するだけなので設定が簡単。メールのプッシュ通知より電池持ちが良いとも言われている。

欠点は通知のために差出人含めて空のメールが届くこと。

Boxcarを使う

様々なサービスのプッシュ通知に対応したBoxcarを使う方法。

Boxcarのメール通知用アドレスに転送することでプッシュ通知する。同じメールを2つ受信せずに済む。通知後に指定したメールアプリが起動できる。

欠点はBoxcarのアカウントが必要なこと、たまにプッシュされないこと。

最終的には

Gmailに転送する方法をとっている。

携帯電話のメールでやりとりをあまりしないので2つ同じメッセージを受信するのも気にならない。

Gmailのほうでezwebのメールの送信設定をすることでGmail上で携帯電話にメールを送ることもできる。長文を返す時はこちらの方が楽でいいかもしれない。

完全にGmail経由で管理ができればいいのだけど、送信もとのメールアドレスを選択する機能がPCのウェブブラウザ上から使うのに限られているらしく、モバイル版GmailやMailアプリ経由で使えないため断念。

早く公式でプッシュ通知できる日が来ればいいなぁ。

フィールドテストモード

環境

  • iOS5
  • iPhone 4S

フィールドテストモードの起動

  1. 電話に*3001#12345#*と入力して発信
  2. フィールドテストモードが起動する

アンテナピクトをバーと数字の表示切替

切り替えられるようにする

  1. フィールドテストモードを起動する
  2. 電源を切るバーがでるまでスリープボタン長押し
  3. ホーム画面がでるまでホームボタン長押し
  4. アンテナピクトに触れるとバーと数字の表示が切り替わる

元に戻す

  1. フィールドテストモードを起動する
  2. ホームボタンを押す
  3. 元に戻る

最初、うまくいかなかったが、アンテナピクトに何度か触れている間にバー表示に固定された。

参考

iTunesで引き継げるデータの話

元ネタ

引継ぎ履歴

自分の場合は

  1. iPod touch
  2. SB版iPhone 3GS
  3. SB版iPhone 3GS(交換)
  4. SB版iPhone 4
  5. au版iPhone 4S

という流れで引き継げている。

驚いたのはiPod touchからiPhone 3GSへの乗り換えで、母艦とiPhone 3GSを繋ぐなりiPod touchのデータを復元するか聞かれたこと。ウィザードにしたがって復元すると、iPod touchの状態がそっくりiPhone 3GSに引き継がれた。

バックアップと復元の注意点

  • USBハブを繋いでいるとエラーが起こりやすい。本体に直で刺すこと
  • こまめに母艦と同期を取ったほうがいいこと。(これはiOS5のWi-Fi SyncとiCloudで変わりそうだ)
    • iCloudにバックアップした場合、復元に時間がかかるそうな。母艦に余裕があるので母艦にバックアップしている
  • データの引継ぎもとと引き継ぎ先のOSのバージョンは揃えておいたほうがいいこと
    • 旧Verから新Ver、同じver同士はOK、新Verから旧Verはアウト
  • ネットワーク設定と学習辞書の2つは何かとおかしくなるのでリセットしたほうがいいこと
    • 設定のリセットからできる
    • ネットワーク設定はプロファイルにWi-Fiを設定し、インストールしておくと楽

iPhone用の外部電池メモ

ケーブルでつなぐタイプ

モバイルブースターのようにケーブルでつなぐタイプの電池。

容量が大きく、フル充電が1回以上できるものも多い。

重たいこと、接続にケーブルが必要なこと、充電するのに場所を取るなど取り回しが難しいことが欠点。

ケース一体型

保護ケースと一体型の電池。

1回弱充電できるものが多い。

本体と同時に充電できるタイプだと、充電を意識せずに使える。

本体が大きく、重たくなること、相性問題が大きいことが欠点。

外付け型

電池にDockがついていて、本体に直接させるタイプ。

1回弱充電できるものもあるが、50%ぐらい充電できるものが多い。

軽量で取り回しが簡単なのが特徴。

充電量が少ないのが欠点。

iPhoneの写真のサムネイルがおかしい

環境

iPhone 3GS / iOS 4.2 beta 3

Mac OS X 10.6.5 beta

iTunes 10.1 beta

症状

iPhotoの写真をiTunesを使って同期したところ、一部の写真で正常にサムネイルが表示されない。写真自体は開けるがサムネイルだけ真っ白になってしまう。

原因

同期の際に作られるキャッシュファイルがおかしい。

対策

キャッシュファイルを削除する。

詳細

  1. iPhoto Libraryのあるフォルダを開く
  2. Controlキーを押しながらiPhoto Libraryをクリック、メニューからパッケージの内容を表示を選択する
  3. iPhoto Libaryフォルダ内にあるiPod  Photo Cacheを削除する
  4. iTunesを使って写真を同期する(*1)

*1: その前に一度、写真を削除したほうがいいかもしれない。