カテゴリー別アーカイブ: ナンセンス

普通のPCとは何だろう?

【山田祥平のRe:config.sys】普通のPCが普通に買えない - PC Watchを読んで思ったことを書き出す。

普通のPC

用途的には、

  • ブラウジング
  • メール
  • 動画の再生

で3Dゲームや動画編集、大規模なプログラムの作成などをしない、とするとマシンスペックはそんなに高くなくてもよさそう。

  • メモリ: 8GB
    • 増設できればなおよいけど値段が高いので難しい。当然、最初から16GBにしようとすると値段があがる
  • CPU: Core i3かi5、それらに相当するもの
  • ストレージ: 128GB
    • ほとんどデータを保存しないのが前提。Windows Updateを考えると、これぐらいは欲しい
    • SSDだとなおよい
  • OS: Windows

ざっくり考えると、普通のPCというのはこんなところかな、と。

デスクトップかノートかは用途と手持ちの周辺機器と用途次第。

普通に買える

上に書いたスペックを満たすマシンが思ったよりも少ない。

BTOのマシンも扱っている店なら、店頭での購入もできそうだ。

ただ、通販で買ったほうがやりやすそう。

ここまで考えたり調べたりして力尽きた。

著作意識やライセンスの話

参考

4年経っても同じこと言っていた

4年経っているけど、

  • ゴーストやシェル、バルーンを構成するファイルの扱いに対するお願い
  • キャラクターの二次創作や感想などへのお願い

の2つにわけたほうがいいのでは、というのは変わっていない。

参考にするのはどこまでよいのか?

すごい処理をしているゴーストがあったとして、その処理を参考にしてもいいのか。あるいは処理部分をコピーして作っていいのか。

これは明文化されていないことが多い。辞書を開くと、コメントに参考にしていいよ、と書いてあったりすることもある。

シェルやバルーンにも同じことが言える。両方とも定義ファイルがあり、その定義ファイルを1から起こすのは非常に手間がかかる。テンプレートを使って解消することもあるだろう。

追加シェルを作る場合では、元のシェルのサーフィスを置き換え、定義ファイルを微調整し、最終的にはほぼ書き換える、という方法もある。

ばらしてみる

ファイルとしてみたときにどう扱ったらいいのかを考えるなら、まずは分割したほうがよさそうだ。

ゴースト

  • SHIORI
  • 辞書ファイル
  • SAORI

ざっくりこんなところか。

配布されているものならSHIORIやSAORIにはライセンス、利用条件などが決まっている。そちらを見てもらうのがはやい。SHIORIやSAORIを作っているなら、そういったものを決めたほうがいい、と思う。

辞書ファイルは好感度の条件分岐、ミニゲーム、各種イベントなどのプログラムを参考にしたい人も多いのではないかな、と思う。サポートはできないから勘弁してほしい、という作者さんも多いのではないかしらん。かくいう自分がそうなので。

シェル

  • サーフィス
  • パーツ
  • surfaces.txt
  • descript.txt

こちらもざっくり。

surfaces.txtを参考にしたい、土台にしたいという場面は多いのではないかな、と。アニメーションや着せ替え定義は気になる人も多そうだ。

バルーン

  • 各種パーツ
  • balloons*.txt
  • descript.txt

バルーンの設定は骨が折れる。Web上に資料はあるが、目の前にあるバルーンが参考にできたら心強いだろう。

雑感

自分の認識としては、プログラム向けのライセンスを適用するとコンテンツの部分がないがしろになり、コンテンツの部分に重きを置くとプログラムの部分がないがしろになってしまう。

ゴースト著作権意識に手を加えたものと、プログラム部分の扱いを考えたものの2つを考えるを第一弾としてやればいいのではないかな、と思う。

GPD Pocketを持ち出してみた

このサイズでキーボードとポインティングデバイスがついているものは非常に少ない。

最近だと13インチクラスのPCでも1㎏を切る勢いのPCが増えてきた。そういう意味ではGPD Pocketはサイズの割に重たいPCになると思う。とはいえ、このサイズにWindows 10が動かせるスペックのハード、そこそこ打ち込めるキーボード、ポインティングデバイスが収まっているのはそうそうない。ポケットやボディバッグに収まるPCはやはり、貴重。

この小ささは運びやすさのほか、置きやすさにも繋がる。たとえば、1人用のカウンター席に置いてもテーブルに余裕がある。電子辞書代わりに使えるというレビューがあったけど、その通りだと思う。

しっかしなぁ、このサイズのマシンをメインで使うのは難しくて、がっつりPCを使うとわかっていればノートPC担いでくし、PC使うまでもない作業はタブレットに任せるしで、運用が難しい。いろんなものを持っているからそうなるのだ、という指摘は受け付ける。

うろ覚えファンタジー世界

雑なイメージを書き出してみんとす。

    • 王国
      • 主人公に無茶ぶりするイメージ強い
    • 帝国
      • 悪役お疲れ様です
    • よくわからないけど小国
  • 騎士団
    • 銀色の鎧を着こんでいる
    • 馬が主な移動手段
    • 武器は両手で持つタイプの剣が多いイメージ
  • ギルド
    • 冒険者を支援する組織
    • 国とかそういうのからは独立してそうな感じ
  • 冒険者
    • 何でも屋
    • とはいえ、ダンジョンで何か宝さがしなどしているイメージが強い
  • 井戸
    • レンガが組まれている
    • 縄に木製のバケツがついている
    • 滑車つきのもあるかも
  • 建物
    • 街では石造り、村などでは木製の住居が目立つ
    • 道路も石が敷き詰められている
  • 風呂
    • 湯舟は普通にありそう
      • 共同ではなく、家にひとつ
    • 水浴びのイメージが強いのは旅に出ている話が多かったからか
  • 気候
    • 温暖な気候のイメージがある
    • でも、湿度が高いわけではなさそう
    • 雨季があるわけでもない
    • 夏は暑いし、冬は寒い
    • 雪も降る
  • 魔法
    • 特定の人が扱える超・技術
    • 攻撃、防御、回復とコンピュータRPGのイメージが強い
    • そういえば通信まわりの魔法はあまり、見ない気もする
      • もちろん、扱っている作品はある。自分の中のイメージや認識だ、うん
  • 病気
    • 謎の熱や呪いの類
    • 心筋梗塞だとかそういうのはあまり出番ない
  • 光源
    • ろうそく
    • ランタン
    • 農民が絞られている感
    • シビアな世界観を演出するのに使われるイメージ
  • 貴族
    • 良いも悪いも
  • 種族
    • ヒト
    • エルフ(美形。手先が器用。耳が長い)
    • ゴブリン(なんか小柄で鬼のような)
    • ドワーフ(小柄でパワーある)
    • 妖精(妖精は大分類だろう、というツッコミは受け付ける)
    • 竜(大きいのも小さいのも)
      • 東洋ベース、西洋ベース混在だけど、西洋ベースが多いか?

ゴーストの配布ページを作る

配布ページを作る理由

  • 人に教えやすい
  • スクリーンショットや紹介文を載せられる
  • 注意事項や連絡事項も載せられる

作り方

レンタルサーバーを利用している場合

レンタルサーバーを利用していない場合

  • サイト作成用のサービスを利用する
  • ブログを流用するのもあり。ただ、ブログは日々更新するのに向いているデザインなので工夫がいる
    • ヘッダーやサイドバーからゴースト配布記事にリンクするなど

調子がいいとか悪いとかの判定方法

スコアが出るタイプのゲームは参考になる。

パズルのゲームでコンボが出ないとき、シューティングのゲームでスコアが出ないときは調子が悪いとき。

こういうときは、頑張っても楽しくないし、まともなスコアはでない。速やかに手を打つ必要がある。

5分から10分程度の仮眠、短時間散歩などでリフレッシュできる。それでも、短時間しか効果が続かないときは家に帰ったら寝る感じで。

コーヒーなどカフェインを含む飲料は、一見、目が覚めたり、疲れが取れたり気がするだけ、なので、気分転換や嗜む程度に飲もう。あと、飲みすぎると身体によくない。

旅行とガジェット

ガジェットまわりがすっきりしないのでどーしたものか。

移動中の主力はスマートフォン。ルートの検索や周囲の観光スポットを調べたり、連絡に使う。

PCの出番があるのは宿だ。検索やブログの更新などに使う。腰を据えて何かをやろうとすると、画面が大きく、キーボードがついているもののほうが扱いやすい。

すっきりしないのはこのPCまわり。荷物を小さくする狙いでThinkPad 8とキーボードの組み合わせにしているが、無線ゆえに不安定になるときがある。場所によって不安定になったり、安定したりと忙しい。

では、ノートPCを持っていくかとなると主力で使っているノートPCはMacBook Pro 13インチで重量は1.58kgと重たい。スペック的にはまず、問題はないけども、この重量は肩にくる。

iPad Air 2もある。見るには快適だけど、入力は心もとない。一応、巡回だとかなんだとかできる環境は整えてある。何かあればリモートデスクトップで繋げばいいが、場所によってはそれも使えない。

結局のところ、割り切りができずに旅先でも家と同じことをしようとするから装備重量が増えるのだよな、と。

今回の旅行で思ったこと

  • スマートフォンは便利
  • モバイルバッテリーは必要
  • 通信量制限には注意する。特にモバイルルーター
    • 途中で引っかかってえらい目にあった
  • タブレットPCと周辺機器を持っていくとケーブルがえらいことに
    • モバイルPC欲しい発作が起きた。問題はモバイルPCに普段の使いどころがないことだ
  • 電源タップは必須