カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

MacBook Pro 13-inch, Early 2015のバッテリーが膨張した

経緯

2018/08/25 夕方

筐体がゆがんでいることに気が付いた。ディスプレイは閉じないし、トラックパッドあたりを中心に盛り上がっている。よく聞くバッテリーまわりのトラブルだ、と思ってサポートに問い合わせることに。

電話で問い合わせたところ、筐体にどれぐらいダメージが出ているかわからないので、金額ははっきりとは言えないが、5万円ぐらいかかる可能性がある、とも言われたけど、修理をお願いした。

2018/08/26 夕方

クロネコヤマトが回収しにきてくれた。例によって梱包は用意してもらっているので、本体だけ渡して終わり。

2018/08/27 朝

修理センターに届いた。これから症状の確認をする、という趣旨のメールが届く。

2018/08/27 昼

ステータスは変わらず。ほかに修理するものもあるだろうから、こういうものだと自分を納得させる。

2018/08/27 夕方

ステータスが確認できない、になっている。確認できないというのも妙な状態だと思った。

2018/08/27 夜

ステータスが出荷した、に変わっていた。

2018/08/28 夜

無事に帰還。

修理内容

バッテリー関連のサポートで問い合わせたのもあるのか、バッテリー交換サービス扱いになっていた。

バッテリー交換サービスとして、トップケース(キーボード、バッテリー一体型)の交換を行い、その後に問題がないことを確認した、とのこと。

請求書は後日送付だそうな。はてさて、いくらになっているのだか。

追記

  • キーボードとディスプレイの間に購入時についてきた緩衝材を挟んでおいたのだけど、それがまた挟まれた状態で戻ってきていた。
  • 修理報告書の入っていた林檎印のクリアファイルはかなり、レアなのでは?

Pukiwiki 1.5.1のtracker_listプラグインの不具合

症状

  • Trackerのテーブルが崩れる
    • ヘッダーとボディが別のテーブル扱いになってしまう

条件

  • Trackerプラグインでデフォルトを指定した場合は正常に表示される

原因

  • Tracker_listプラグインの不具合。1.5.2で修正予定らしい

暫定対応

  • Pukiwikiのwikiフォルダにあるtracker_listファイルを直接開き、Authorを含む行を削除する
    • ファイルのタイムスタンプから推測する。中身はプレーンテキストだからエディタで開ける

参考

続・Evernoteからの脱出

試したこと

  • ever2boost
    • 動作せず
  • evernote2boostnote
    • 動作はした。htmlファイルをインポートする形でイメージしたものと違った
  • OneNote importer
    • フォーマットが崩れていたり、中身がないパターンがいくつかあった
  • EvernoteクライアントからのHTMLファイル出力
    • これが一番、無難っぽい

現状

  • 必要なデータをファイルに手動でエクスポートする
  • メモを取りやすい環境を構築する

でひとまず対処中。

移行関係の記事を調べると年単位で移行している人もいた。これは長期戦だと腹をくくるしかなさそう。

GPD Pocketを持ち出してみた

このサイズでキーボードとポインティングデバイスがついているものは非常に少ない。

最近だと13インチクラスのPCでも1㎏を切る勢いのPCが増えてきた。そういう意味ではGPD Pocketはサイズの割に重たいPCになると思う。とはいえ、このサイズにWindows 10が動かせるスペックのハード、そこそこ打ち込めるキーボード、ポインティングデバイスが収まっているのはそうそうない。ポケットやボディバッグに収まるPCはやはり、貴重。

この小ささは運びやすさのほか、置きやすさにも繋がる。たとえば、1人用のカウンター席に置いてもテーブルに余裕がある。電子辞書代わりに使えるというレビューがあったけど、その通りだと思う。

しっかしなぁ、このサイズのマシンをメインで使うのは難しくて、がっつりPCを使うとわかっていればノートPC担いでくし、PC使うまでもない作業はタブレットに任せるしで、運用が難しい。いろんなものを持っているからそうなるのだ、という指摘は受け付ける。

Windows 10 April 2018 Update

我が家の適用状態

Omen by hp 17

  • Windows Update経由でアップデート
    • USBオーディオインターフェースまわりで挙動が怪しいところがちらほら。ドライバの再インストールで解消
    • Logicool Flowの挙動が怪しいっぽいので様子見
  • その後、HP Support Assistant経由でドライバが配信されたのでアップデート

Yoga Book LTEモデル

  • Windows Update経由でアップデート
    • LTEが繋がらなくなったが、APN再設定と放置で解消。いまいち挙動がわからないのよね、これ
  • その後は特に問題らしい問題はない

CF-RZ5

  • Windows Update経由でアップデート
  • 特に問題らしい問題はなし

GPD Pocket

  • 保留中

KB4088776の適用に失敗する

環境

  • Windows 10 Pro 64bit版 Fall Creators Update

症状

  • KB4088776の適用に失敗する
    • Windows Update経由、Microsoft Updateカタログからダウンロードしたインストーラーでも変わらず
    • インストール後、再起動すると再びインストールがはじまる

対応

雑感

あれこれ試してはみたが最終的には上書きインストールに落ち着いた。今のところは問題なさそう。

症状としてはレアパターンらしい。3台中1台で発生したのでレアパターンでもないように思う。

手持ちのPCやタブレットやスマートフォンの重さ比べ

機種 重量 画面サイズ 形状 OS
CF-RZ5 745g 10.1インチ 2in1 Windows 10
iPad Pro 10.5 Wi-Fi+Cellerモデル 477g 10.5インチ タブレット iOS
iPad Pro 10.5 Wi-Fi+Cellerモデル + SmartKeyboard 713g 10.5インチ タブレット ⁺ キーボード iOS
YogaBook 690g 10.1インチ 2in1、キーボードはタッチ式 Windows 10
GPD Pocket 480g 7インチ クラムシェル Windows 10
iPhone X 174g 5.8インチ スマートフォン iOS
iPhone X + 純正革ケース 236g 5.8インチ スマートフォン + ケース iOS
Omen by hp 17 3.61kg 17.3インチ クラムシェル Windows 10

雑感

  • GPD Pocketが見た目よりも重たいのがよくわかる。
  • 実際に使うときはケースのほかACアダプタやモバイルバッテリーが増える。

参考

Omen by hp 17の帰還

数日前に修理から返ってきて、動作の確認をしながらのんびりと環境の構築を行っていた。

例によって、落ち着いたところで修理になるとかなわないので。

画面がらみのトラブルは改善されているようだったけど、今度はWindowsのライセンス認証でトラブルが起きた。どうやら、メインボードの交換を複数回行った影響らしい。

Microsoftの電話サポートに助けを求めて、最終的にはプロダクトキーの再発行をしてもらって解決。かなり、ややこしいパターンだったと思うけど、担当してくれた人には感謝しかない。

コンピュータまわりの話

MacBook Pro

  • iPhone母艦
  • マルチメディア系担当
  • Twitterのログ取得
  • Xcodeの実験用(予定)

レッツノート CF-RZ5

  • 持ち出し用を想定していた
  • 今では文書作成などの主力機

iPhone X

  • メインの通信端末
  • 連絡からメモ、ゲーム、いろいろ

iPad Pro

  • メインのタブレット
  • 最近では文書作成などで活躍中
  • Apple Pencilの活用法を探している

NINTENDO Switch

  • メインのゲーム機
  • ほぼ据え置き機状態
  • ゲームやるならこれでよいのでは、という気がしてきた

PS Vita

  • 初代Vita
  • PSPとPS Vitaのゲーム用で購入したけど、スティックがべたついてきた
  • 今更買い替えるのもなぁ……

Yoga Book

  • 寝っ転がりながら何かする用のタブレット
  • スピーカーの音がいいので、もう少し活用したい

ZenPad 3 8.0

  • Android端末が欲しい、という理由で保持しているタブレット
  • 活用法が見つからないので売ってしまってもいいかもしれぬ

GPD WIN

  • 処分したい

Omen by hpのトラブルまとめ

発覚

  • ディスプレイに縦方向のノイズが発生する
  • 特定の映像が映ると、というのが厄介で最初は気がつかなかった
  • その特定の映像がわかったら再現性があるとわかり、サポートに連絡することに

チャットサポート(1回目)

  • チャットでのサポートを依頼
  • 症状を伝えたところ、ハードウェアのトラブルはありえない。工場出荷状態に戻してはどうか、という趣旨のアドバイスをもらう
  • アドバイスに従い工場出荷位状態に戻すが改善されず

チャットサポート(2回目)

  • 1回目のサポートでの対応を踏まえての対応
  • 設定の変更などで対処できる可能性があるとのことでいくつか試してみる
  • しかし、改善されず

電話でのサポート

  • サポートセンターから遠隔操作して、発生するかどうかの診断
  • 最終的にハードウェアが原因だろう、ということで工場修理になる
  • 翌日、業者がきてPCを引き取ってくれた

工場修理後

  • 1週間ほど経って修理が完了
  • ざっくり試したところ、改善されたと判断
  • 交換した部品はシステムボード、だそうで

数週間後

  • 症状が再発する
    • 手元に戻ってきたときのチェックが甘かったらしい
      • ディスプレイ側に原因があったのだろう
  • 今度は工場の窓口に問い合わせ
  • 症状が改善されていない旨を伝えたところ、すぐに最終の流れになった

12/11あたりに修理にだして12/26に戻ってきた

  • パーツの確保が大変だったらしい
    • 2度目の修理で交換されたのは前回に引き続きシステムボード、新たにディスプレイが加わる
  • 今度は内蔵のディスプレイを認識しない問題が発生
  • これもいまいち、発生条件がわからない。外部ディスプレイは表示されるので、例によって内蔵ディスプレイとシステムボードを繋ぐケーブルあたりに問題があるのだろう
  • 問い合わせしようにも年末年始の休みに入っているようだ

現在

  • とりあえず、工場出荷状態に戻してみよう
    • 一応、工場からの作業結果報告書には動作確認ができたと書いてある。Windows Updateかドライバのアップデートかが原因でトラブルになっているのかもしれない

2017/12/30 21:10 追記

  • クリーンインストール直後にも発生した。Fall Creators Updateや直近のグラフィックドライバの更新も関係ない
    • デバイスマネージャーにあるディスプレイのドライバの履歴には特になし
  • 電源投入時、スリープから復帰時、放置しても内蔵ディスプレイの認識がおかしくなる、あるいは認識しなくなる。タイミングがいまいちわからない
    • NIVIDA コントロールパネルを見ると、正常に認識されているパターン、ラップトップディスプレイと認識されているパターン、見失っているパターン