異なる世界を繋げる

普段は気にならないけど、たまに気になる時が出てくるこの話。

自分が体験した範囲だと、

  • はなっから気にしない
    • もとから世界の1つや2つまたいでも気にならないキャラクターだったのでそのまま
  • 設定の確認とすり合わせを行う
    • これは、元の雰囲気壊したくないな、ということで作者さんと相談して設定を考えた
  • 繋ぎになる設定を利用させてもらう

こんなところ。

キャラクター自身が異世界にいける能力があったり、舞台設定にそういったものがあると楽。

仮面ライダーディケイドのように本編と良く似た平行世界扱いにすると良いのでは、というのも話もあって、この考え方は応用が利くと思う。SSなどがベースのゴーストを作る時やゴーストのクロスオーバー作品を作るときに便利そう。

コメントを残す