剣戟の音

「ちっ」

ハガラズは舌打ちをした。

振り下ろした大剣が横からの打撃で軌道が外れたのだ。

大剣の刃そのものは超高速で振動しており、重量だけでも対象を切断できる代物であるがそれを殴るとは。

それた刃はアスファルトの地面に火花を散らしながら突き刺さった。

「終わり?」

目の前に立つ少女は見下ろすように言った。

刃を殴ったはずの右手は無傷だ。

「んなわけねーだろ」

剣の柄を握ったまま、スラスターを使ってバックステップする。

しかし、どうする、とハガラズは自分に問う。

力は彼のほうが上だが、速度は少女のほうが勝っている。

そして、彼は大剣を使っているため動作の隙が大きい。

対する少女は繰りのはやい双剣を握っている。

リーチの差があるにしても、大剣をかわして殴るといった芸当を少女には、できた。

近距離なら自信あったんだがなぁ、とハガラズは思いつつ、剣を構え直す。

少女は青みがかかった白い刃の双剣を握っていた。

イクサイスの能力で作られた氷の剣だ。

原料が水なので大気中、川、湖、貯水槽、生物体内とどこからでも補充できる。

人間向けのイクサイスは装備者のカロリー、アンドロイド向けのイクサイスは装備者のジェネレータの電力を使って動いている。

前にいる少女が使っているイクサイスは正規のものではないが、確かアンドロイド向けのものを改造したという話だ。

やろうと思えばこの10m程度の距離でもこちらを凍結させ――

「おいィ!?」

ハガラズは頭上から冷気が降りてくるのを感じて右にステップ。

次の瞬間、彼が先までいた場が真っ白になった。

噂すればなんとやらだ、とハガラズは横道に走る。

冷気が降りてくるあたり、凍結させるには若干のラグがかかるようだった。

走れば少なくともあれはあたらない、と彼は判断して速度をあげる。

しかし、あのイクサイスユニットをどうにかして止めなければいけない。

イクサイスユニットは大きく分けて空調機能を持つ本体とそれを制御するユニットにわかれている。

制御ユニットは頭部の帽子がそうだ。

装備者から帽子を奪えば機能は止まるはずだ。

どれだけの時間、機能停止しているかわからないが、5秒あれば致命的な斬撃を与えられる。

視線を感じて左を見るとビルのガラスの反対側を少女が並走していた。

ハガラズと目が合うと少女は微笑んで、右の手でガラスをなぞるような仕草を見せた。

「なん、だ」

少女がなぞったあとに氷の塊が生じていた。

直径は30mm。

嫌な予感がしてハガラズは全身のスラスターを推力最大にした。

スラスターの音をかき消すようにガラスの破砕音が響いた。

衝撃がかすった左足のショックアブソーバーが悲鳴をあげる。

もう少し判断が遅れていれば左足どころか全身が砕けていただろう。

ビルを飛び越えて左を見ると、少女が横を飛んでいた。

その軌跡には氷の砲弾が並んでいる。

「げっ」

という言葉に少女はやはり、微笑んで砲撃を開始した。

これ以上は速くならない。

だったら、とハガラズは大剣を前に向かって投げた。

側面がこちらに見えるように。

スラスターを止め、空中で半回転して、刃を思いっきり蹴った。

再びスラスターを点火して飛翔する。

その先には驚いたように目を開いた少女がいる。

右で拳を作り後ろに引くと、双剣を胸の前で交差させ防御姿勢をとるのが見えた。

ハガラズはそのまま、左手を伸ばしペンギンの形をした帽子を掴んだ。

振り返れば、帽子を奪われたことに少女が驚いていた。

めったに驚かない奴が驚くのは新鮮だな、とハガラズは思いながら今度はビルの壁を蹴り、空に上がり、

「さっきはすまなかったな」

そう言って蹴りあげた剣の柄を両の手で掴み、剣先を少女に向けて加速する。

斬るではなく、剣の質量と加速のエネルギーで打撃を与える攻撃だ。

少女は避ける素振りを見せることなく、先と同じ防御の姿勢をとった。

全身で風を斬る音を聞きながら、

「いっけぇ!」

彼は叫ぶ。

剣先が少女の目の前まで来た時だ。

少女は両の手に握った剣を前に出した。

左を下に、右を上に交差させて、大剣を挟むように斬る。

双剣の刃先が高振動の刃に削り、砕かれていく。

が、少女はそのまま、上に足をあげる。

自身の羽の推力とこちらの力を使い、軸にして前方倒立転回するのが目的だったのか、とハガラズが理解した時にはもう、遅かった。

少女はスカートを翻しながら後ろに抜けていた。

そして、

「そのままだと壁にぶつかるわよ」

と告げた。

減速しようと姿勢を変えようとして気づいた。

スラスターに必要なエネルギーが尽きていることに。

足からビルの強化コンクリートに激突した。

脚部の破損信号を処理するよりもはやく、彼の意識は消失したのだった。


死亡判定で現実に帰ってくる感覚はどうもなれない。

人間はリアルな夢から覚めると、現実と夢の境が曖昧に感じることがあるそうだが、こういう感じなのかもしれない。

「あー……」

と呻きながら彼は目の前に座る少女を眺める。

先の戦闘は仮想空間上でやっていた模擬の戦いではあるが、下手な戦いよりよほど疲れた。

「お疲れ様」

「お前もな」

とはいったが少女には疲れの欠片も見られなかった。

「イクサイスユニットを止める、というのはいい考えだと思うわ」

「そいつはどーも」

止めたところであまり、意味はなかったがな、とハガラズは心のなかで悪態をつく。

「そう、やさぐれないでちょうだい」

心のなかでついたつもりだったらしい。

「俺だって凹む時があんだよ」

止めを刺されたのではなく、自爆したのだから凹みたくもなる。

ただでさえ、近距離は自分の距離だと思っていたのに。

「あなたの動きは直線的過ぎるのよ」

少女は静かに告げた。

「うぐ」

ショックを受け顔をひきつらせるハガラズ。

数秒の間をおいて、

「それは、余計な力が入っているからだと思うわ」

「余計な力ねぇ」

「その力を抜けば動きは柔らかくなるはずよ」

「でもよ、それはひとつひとつの動きの話しだろ」

「ひとつの動きが流れを作っていく。そうは考えられないかしら?」

実にその通りだとハガラズは頷いてから、テーブルに突っ伏した。

少女が敵だったことに、今は味方であることに感謝しながら。

コメントを残す