Windows 7インストール

環境

  • 本体: MacBook Late 2008 アルミ
  • Mac OS: Mac OS X Snow Leopard
  • BootCampのOS: Windows Vista SP2
  • インストールするWindows 7: Windows 7 Home Premium 優待アップグレード版

本来は

Windows Vistaで起動、Windows 7のディスク挿入で上書きインストールできる。

それで既存の環境設定を引き継いで、あっという間にインストール完了。

ところが、エラーが出てそうもいかなかったのであれこれ試行錯誤した。

0x80070005エラー

DVDからインストーラーを起動したが、タイトルのエラーが出て先に進めなかった。

アンチウィルスなど常駐しているソフトウェアの削除や停止したサービスの再起動などやったが改善されず。

最終的な方法

Windows Vistaからのアップグレードの成功例は確認しているので、クリーンなWindows VistaからWindows 7へのカスタムアップグレードを行った。

  1. MacのBootCampアシスタントで領域ごと削除
  2. 領域新規作成
  3. Windows Vistaインストール
  4. Windows Vistaインストール完了後、Windows Vistaで起動してWindows 7のカスタムインストール
  5. Windows 7インストール完了後、Mac OS X Snow LeopardのインストールディスクからBootCampドライバをインストール
  6. 起動するのを確認して作業終了

という流れになった。

アップグレード版は土台のOSが必要なので少々、ややこしい手順になっている。

メモ

C:\windows.oldに旧Windowsのデータがコピーされているので、必要に応じてコピーや削除。

雑感

インストールに手間取ったがインストール完了後はそれなりに快適。

体感速度はVistaに比べてよいし、インターフェースも改良されている。

新しく変わった部分がこれまた多いので、慣れが必要になるが使っている範囲ではとても便利。

よい意味でWindowsらしくないOSだろう。

表示でメイリオとMS UI ゴシック(?)が混在しているのは残念。

コメントを残す