ありきたりな展開だけど

我が身に降りかかると非常に困る。

  • なぜ、仕様書は細かく書かれないのか
  • なぜ、実装段階で考えないといけないものが大量発生するのか
  • なぜ、影響範囲の大きい仕様変更が頻繁に入るのか
  • なぜ、main()にべた書きなのか
  • なぜ、parent()連打なのか
  • なぜ、1文字や2文字の変数名なのか
  • なぜ、今まで通りといいながら違う要素が多数あるのか
  • なぜ、どこかで聞いたトラブルだらけなのか

Visual Studio Codeに導入している拡張を晒してみんとす

対象の言語など

  • HTML5っぽいもの
  • JavaScript
    • jQuery
  • SQL
    • Oracle DB
  • Markdown

一覧の生成にはSystem Informationを利用した。さくっと取得できるのでとてもクール。

VS Code System Information

timestamp: 2018-09-12T00:55:53.359Z

Information Provider

key value
id wraith13.sysinfo-vscode
name sysinfo-vscode
displayName System Information
version 1.0.1

options

key value
categories [“basic”,”extensions”]
withSensitiveData false
withInternalExtensions false

OS Information

key value
arch x64
platform win32
type Windows_NT
release 10.0.17134
EOL “\r\n”
endianness LE

Process Information

key value
arch x64
env {}

versions

key value
http_parser 2.7.0
node 8.9.3
v8 6.1.534.41
uv 1.15.0
zlib 1.2.11
ares 1.10.1-DEV
modules 57
nghttp2 1.25.0
openssl 1.0.2n

VS Code Information

key value
version 1.27.1

env

key value
appName Visual Studio Code
language ja

extensions

Node Debug (legacy)

key value
id ms-vscode.node-debug
isActive false
name node-debug
version 1.27.6
displayName Node Debug (legacy)
description Node.js のデバッグ サポート (バージョン 8.0 以前)
publisher ms-vscode
categories [“Debuggers”]

Node Debug

key value
id ms-vscode.node-debug2
isActive false
name node-debug2
version 1.27.1
displayName Node Debug
description Node.js デバッグ サポート
publisher ms-vscode
categories [“Debuggers”]

Bracket Pair Colorizer

key value
id CoenraadS.bracket-pair-colorizer
isActive true
name bracket-pair-colorizer
version 1.0.59
displayName Bracket Pair Colorizer
description A customizable extension for colorizing matching brackets
publisher CoenraadS
categories [“Other”]

markdownlint

key value
id DavidAnson.vscode-markdownlint
isActive false
name vscode-markdownlint
version 0.20.0
displayName markdownlint
description Markdown linting and style checking for Visual Studio Code
publisher DavidAnson
categories [“Linters”]

extensions.4

key value
id dbaeumer.jshint
isActive true
name jshint
version 0.10.20
description Integrates JSHint into VS Code. JSHint is a linter for JavaScript
publisher dbaeumer
categories [“Linters”]

ESLint

key value
id dbaeumer.vscode-eslint
isActive true
name vscode-eslint
version 1.6.0
displayName ESLint
description Integrates ESLint JavaScript into VS Code.
publisher dbaeumer
categories [“Programming Languages”,”Linters”]

extensions.6

key value
id DougFinke.vscode-pandoc
isActive false
name vscode-pandoc
version 0.0.8
description Renders markdown through pandoc
publisher DougFinke
categories [“Other”]

Material Theme

key value
id Equinusocio.vsc-material-theme
isActive true
name vsc-material-theme
version 2.4.2
displayName Material Theme
description The most epic theme now for Visual Studio Code
publisher Equinusocio
categories [“Themes”,”Other”]

PHP Debug

key value
id felixfbecker.php-debug
isActive false
name php-debug
version 1.12.5
displayName PHP Debug
description Debug support for PHP with XDebug
publisher felixfbecker
categories [“Debuggers”]

PHP IntelliSense

key value
id felixfbecker.php-intellisense
isActive false
name php-intellisense
version 2.3.5
displayName PHP IntelliSense
description Advanced Autocompletion and Refactoring support for PHP
publisher felixfbecker
categories [“Programming Languages”]

PHP Extension Pack

key value
id felixfbecker.php-pack
isActive false
name php-pack
version 1.0.2
displayName PHP Extension Pack
description Everything you need for PHP development
publisher felixfbecker
categories [“Other”,”Extension Packs”]

Excel Viewer

key value
id GrapeCity.gc-excelviewer
isActive true
name gc-excelviewer
version 2.1.26
displayName Excel Viewer
description View Excel spreadsheets and CSV files within Visual Studio Code workspaces.
publisher GrapeCity
categories [“Other”]

Beautify

key value
id HookyQR.beautify
isActive true
name beautify
version 1.4.3
displayName Beautify
description Beautify code in place for VS Code
publisher HookyQR
categories [“Other”,”Programming Languages”,”Formatters”]

Japanese Language Pack for Visual Studio Code

key value
id MS-CEINTL.vscode-language-pack-ja
isActive false
name vscode-language-pack-ja
version 1.27.2
displayName Japanese Language Pack for Visual Studio Code
description Language pack extension for Japanese
publisher MS-CEINTL
categories [“Language Packs”]

SQL Server (mssql)

key value
id ms-mssql.mssql
isActive false
name mssql
version 1.4.0
displayName SQL Server (mssql)
description Develop Microsoft SQL Server, Azure SQL Database and SQL Data Warehouse everywhere
publisher ms-mssql
categories [“Languages”,”Azure”]

Python

key value
id ms-python.python
isActive false
name python
version 2018.8.0
displayName Python
description Linting, Debugging (multi-threaded, remote), Intellisense, code formatting, refactoring, unit tests, snippets, and more.
publisher ms-python
categories [“Programming Languages”,”Debuggers”,”Linters”,”Snippets”,”Formatters”,”Other”]

vscode-memo-life-for-you

key value
id satokaz.vscode-memo-life-for-you
isActive true
name vscode-memo-life-for-you
version 0.4.9
displayName vscode-memo-life-for-you
description This extension is for writing notes on VS Code. Inspired by memo (Memo Life For You)
publisher satokaz
categories [“Other”]

Table Formatter

key value
id shuworks.vscode-table-formatter
isActive false
name vscode-table-formatter
version 1.2.1
displayName Table Formatter
description Format table syntax of Markdown, Textile and reStructuredText.
publisher shuworks
categories [“Formatters”]

System Information

key value
id wraith13.sysinfo-vscode
isActive true
name sysinfo-vscode
version 1.0.1
displayName System Information
description Show Visual Studio Code system information ( includes extensions list ) by markdown or JSON.
publisher wraith13
categories [“Other”]

Language PL/SQL

key value
id xyz.plsql-language
isActive false
name plsql-language
version 1.4.2
displayName Language PL/SQL
description PL/SQL language (Oracle) support
publisher xyz
categories [“Programming Languages”]

Markdown PDF

key value
id yzane.markdown-pdf
isActive false
name markdown-pdf
version 1.2.0
displayName Markdown PDF
description Convert Markdown to PDF
publisher yzane
categories [“Other”]

MacBook Pro 13-inch, Early 2015のバッテリーが膨張した

経緯

2018/08/25 夕方

筐体がゆがんでいることに気が付いた。ディスプレイは閉じないし、トラックパッドあたりを中心に盛り上がっている。よく聞くバッテリーまわりのトラブルだ、と思ってサポートに問い合わせることに。

電話で問い合わせたところ、筐体にどれぐらいダメージが出ているかわからないので、金額ははっきりとは言えないが、5万円ぐらいかかる可能性がある、とも言われたけど、修理をお願いした。

2018/08/26 夕方

クロネコヤマトが回収しにきてくれた。例によって梱包は用意してもらっているので、本体だけ渡して終わり。

2018/08/27 朝

修理センターに届いた。これから症状の確認をする、という趣旨のメールが届く。

2018/08/27 昼

ステータスは変わらず。ほかに修理するものもあるだろうから、こういうものだと自分を納得させる。

2018/08/27 夕方

ステータスが確認できない、になっている。確認できないというのも妙な状態だと思った。

2018/08/27 夜

ステータスが出荷した、に変わっていた。

2018/08/28 夜

無事に帰還。

修理内容

バッテリー関連のサポートで問い合わせたのもあるのか、バッテリー交換サービス扱いになっていた。

バッテリー交換サービスとして、トップケース(キーボード、バッテリー一体型)の交換を行い、その後に問題がないことを確認した、とのこと。

請求書は後日送付だそうな。はてさて、いくらになっているのだか。

追記

  • キーボードとディスプレイの間に購入時についてきた緩衝材を挟んでおいたのだけど、それがまた挟まれた状態で戻ってきていた。
  • 修理報告書の入っていた林檎印のクリアファイルはかなり、レアなのでは?

「君の名は。」

たまたま放映されているのを後ろ30分だけ見た。おおよその流れはTwitterやブログなどで知っていたから、別にこういう見方でもいいかな、と思っていた。

見終わった後、別の映画も流しで見ながら、どこかで配信していないだろうか、と考えていた。

翌日、調べてみるとAmazonでレンタルできることがわかった。ならば、見るしかない、と思って見た。

いつも通りの細かい描きこみの背景とテンポの良さに引き込まれて、あっという間にエンディングだった。これをもっと、早い時期に見なかったのはもったいない。リアルタイムで追いかけていたら、2016年はシン・ゴジラと君の名は。で盛り上がりっぱなしだっただろう。いや、実際はシン・ゴジラだけで十分だったけど。

その後、小説版があるということで小説を読んだ。一人称視点で書かれているので心理描写が多い。それと、嗅覚に訴える文が多く、文章は五官を刺激するんだ、とそんなことを思った。

そして、別サイドから描かれた話が収められている「Another Side:Earthbound」があることも知って、こちらも一気に読んでしまった。映画だと場面転換で端折られてしまった話が中心。これを読んだ後に小説や映画を見ると、別の感想や印象が得られる。

映画はレンタルで済ませてしまったので購入しようかどうか悩んでいる。こういうのは一気に買い揃えると軽く死ねる。それに、コミカライズもあるらしいではないか。