iPod touch一覧

Twitterクライアント

今、使っているものについてメモ。

SimplyTweet

主に使っているTwitterクライアント。

プッシュ機能や複数人宛のリプライがあるので愛用している。

基本的な機能はほとんど揃っているが、ここのところ更新がないのと、若干、動作が不安定なので乗り換えを検討中。

TweetDeck for iPhone

サブで使っているクライアント。

TweetDeck独自にユーザリストを作成し、さらにそのリストをMacやWindows上のTweetDeckと同期できる。

最近の更新でTwitter公式のリスト機能をサポート、TweetDeck独自のユーザリストと同じように表示するようになった。

ユーザをカラムごとにわけられるので、多くの人をフォローしている人には便利。

フリック操作ですべてのユーザ、返信、DM、ユーザリストの切り替えができるのは大きな特徴だろう。*1

一時期は動作が不安定ですぐに落ちてしまったが、修正されて今はだいぶ安定している。

TwitBird Pro

最近の更新で日本語表示に対応、UIもシンプルでわかりやすいので乗り換え候補になっている。

ツイートの翻訳機能、Read It Laterなど外部サービスとの連携など、面白そうな機能がある。

あまり、使い込んでないがツイートするのに便利な機能が多い印象。

メモ

長所と短所、使い勝手についてまとまって書けないのは、ちゃんと使っていないからだろう。

もうしばらく使ってみよう。

*1:ほかのクライアントだと画面下部で切り替えたり、メニュー画面まで戻る必要がある。


アプリの変更

RSSリーダーをBylineからReederに変更した。

Bylineに比べ動作が軽く安定しているので、しばらくはReederを使ってみる予定。

Bylineがバージョンアップしたらまた、Bylineに戻すかもしれない。

TwitterのクライアントはSimplyTweetからなかなか変更できず。

SimplyTweetの魅力的なところは

  • タイムラインが追いかけやすいこと
  • 複数人あてのリプライが簡単にできること
  • プッシュ通知に対応していること

で特に複数人あてのリプライが簡単にできるのは、複数人とのやりとりで非常に便利。

なかなか、それができるクライアントが見つからずあれこれ試している状態。

もう少し、有料のクライアントも試してみるか。


安定

一度、ファームウェアを削除してから再度、ダウンロード。

それから復元を実行したところ、iPod touchの動作が安定した。

何かの拍子にファイルが壊れていたらしい。


安定させるためにやったこと

概要

iPod touchがいきなり再起動してしまう。

発生タイミングがばらばらでいまいちわからないが、一通りやってみた。

具体的な方法

  • リセット
    • スリープボタンとホームボタン同時長押しによるリセット。一時的な効果はあったか。
  • 復元
    • バックアップからの復元はせず。だが、変化なし。
  • DFUモードからの復元
    • 通常の復元と同じく変化なし。
  • 言語を英語に
    • 最後に試したのがこれ。今のところは安定しているが当面は様子を見る方向で。

原因

思いつくのは

  • 非公式のファームウェアの導入
  • 胸ポケットに入れていたため、汗によって腐食した可能性

ぐらい。


復元

何やら不安定なので復元を行った。

が、それでも不安定なので今度はDFUモードから復元。

バックアップからのリストアはせずに最初から設定する予定。

これでもダメだったら、修理を考えよう……。


その後のその後

別ツールを使ってカスタムファームウェアを作成、復元の形で導入。

環境を再構築し終わって現在に至る。


2G 32GB脱獄、その後

blackra1nを使って脱獄、あれこれいじっている間にやたら動作が不安定になった。

優先度の低そうなものから削除して、何やら挙動が怪しいCydiaやIcyも再インストールした。

その後、SBSettingsも再インストールして様子見中。

導入したもの

SBSettings

これのために脱獄したようなもの。

画面の上部の時計あたりをなぞるとBluetoothやWi-Fiをオンオフできるメニューが出てくる。

特徴は他のアプリケーションを起動させた状態で呼び出せること。

必要に応じて機能のオンオフなどが簡単にできる。

MobileTerminal

文字通り、ターミナル。

パスワードの変更などの用途で導入。

Safari Download Plug-in (2.0)

Safariのダウンロード機能を拡張して、様々なファイルをダウンロードできるようにする。

ダウンロードしたファイルはiPhone Explorer(Mac)やiFunBox(Win)などでコンピュータに転送する流れ。


無限再起動

帰り道でいきなり電源が落ちて、アップルロゴが表示されてそれっきりになった。

しばらく待っても反応がないので、強制的に電源を切って再度入れ直すを繰り返す。

電源ボタンを長押しした後、ホームボタンを押しっぱなしにしたら普通に起動した。

ひとまず設定だけリセットして様子を見ている。


iPhone OS 3.1

さっそく、インストールしてみた。

すでに3.0だったので無償でアップデートできた。

十数分程度でダウンロード、アップデート、バックアップ完了。

機能面では変化はわからなかったけど、体感速度は向上している。

ロックからの復帰で発生していた音飛びがなくなっているので、何か軽くなるような変更が加わったのかもしれない。

3.0にしている人は更新しておいて損は無いだろう。

#10件ほどの脆弱性の修正も入っているらしい。