カテゴリー別アーカイブ: 買い物

Lenovo Yoga Bookレビュー

買わない買わないと言っていたのに買ってしまった。まさに衝動買い。

購入したのはYoga BookのWindows版のLTE搭載モデル。

外観

平らなHaloキーボード、Watchbandヒンジが目を引く。

キーボードのストロークを切り捨てた分、とても薄い筐体になっている。

拡張性

電源ポート兼用Micro USB端子がひとつ、Micro HDMI端子がひとつ、ヘッドホンジャックがひとつとかなり割り切っている。

OTGに対応しているのでハブをつないで、本体に給電しながら周辺機器を繋げられるらしい。

スロットにはMicro SDカードとLTE対応モデルならNano SIMが刺さる。

他に何かつなぐならBluetoothを使うのがよさげ。せっかく持ち運びしやすいデザインをしているのだから、ケーブルだらけにするのはもったいない。

Haloキーボード

目玉のHaloキーボードはタブレットのソフトウェアキーボードをイメージするとわかりやすい。

打ちにくさは確かにあるけど、短い文章を打つ分には十分に使える。

速度比較

Haloキーボード

使い慣れたデスクトップPCのキーボード

タッチパッド

思っていたよりも縦が狭いので誤爆する。慣れが必要だと思う。

ストレージ

eMMC 64GBとインストールするプログラムや保存するファイルを選ぶ必要のある容量。

Micro SDカードを活用しないと厳しいのではなかろうか。

空き容量を増やす

  • 不要なプログラムのアンインストール
  • Compact OS化 compact /compactos:always
  • WinSxS フォルダーのクリーンアップ
    • Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase
  • ディスクのクリーンアップ
    • 管理者権限でごっそり削る

最終的には使用領域19.1GB、空き領域38.3GBになった。

スピーカー

この薄い筐体からどうやって出しているのかわからないぐらい感じに鳴ってくれる。

軽く音楽を聴いたり、動画を見る分には十分な仕事をしてくれるだろう。

メモリ

4GB、いくつもウィンドウを開く、タブを開くといったことをしなければ十分かと。

CPU

Atom x5-Z8550、スペック的には軽作業向け。

この世代のAtomは頑張れるので見ようと思えば、ブルーレイの再生もいける。いろんなことを同時にはできなくても、ひとつのことなら快適にこなせる。

さすがに3Dバリバリのゲームは無理。

メモ

ドライバーのアップデート

  • 現時点ではIntel Battery Management Deviceのドライバーアップデートを行うと起動に失敗する模様
    • セーフモードで起動して、ドライバーをロールバックすれば起動するようになる

リカバリやセーフモードでHaloキーボードは使えない

使えるタイミングもあるが、基本的には使えない。

USB接続のキーボードがあるとリカバリの作業が格段と楽になる。

雑感

10インチのWindowsタブレットとして運用中。

テントモードで使って動画見たりするのにちょうどよい。

SanDisk Ultra Fit

ベンチマーク

  • GPD WINに指して計測

フォーマットしてNTFSに変更

1回目

 ----------------------------------------------------------------------- CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (UWP) (C) 2007-2017 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/ ----------------------------------------------------------------------- * MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s] * KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 143.530 MB/s Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 44.398 MB/s Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 4.211 MB/s [ 1028.1 IOPS] Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.049 MB/s [ 500.2 IOPS] Sequential Read (T= 1) : 141.756 MB/s Sequential Write (T= 1) : 67.116 MB/s Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 3.791 MB/s [ 925.5 IOPS] Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.841 MB/s [ 449.5 IOPS] Test : 1024 MiB [D: 0.1% (0.1/115.7 GiB)] (x5) [Interval=5 sec] Date : 2017/02/04 1:03:52 OS : Windows 10 [10.0 Build 14986] (x64) 

2回目

 ----------------------------------------------------------------------- CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (UWP) (C) 2007-2017 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/ ----------------------------------------------------------------------- * MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s] * KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 144.858 MB/s Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 44.519 MB/s Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 4.203 MB/s [ 1026.1 IOPS] Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.063 MB/s [ 503.7 IOPS] Sequential Read (T= 1) : 140.087 MB/s Sequential Write (T= 1) : 65.435 MB/s Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 3.736 MB/s [ 912.1 IOPS] Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.957 MB/s [ 477.8 IOPS] Test : 1024 MiB [D: 0.1% (0.1/115.7 GiB)] (x5) [Interval=5 sec] Date : 2017/02/04 1:10:05 OS : Windows 10 [10.0 Build 14986] (x64) 

雑感

  • GPD WIN用に購入。刺さることは刺さるが、ディスプレイを倒すと干渉する。削ってやればいいのか、これ
  • それなりの速度が出ている。よいよい

レビュー「Powerbeats 3 Wirelessイヤフォン」

概要

  • Beats Powerbeats3 Wireless Earphones (Black) | Beats by Dre
  • Beats by Dr.Dreのスポーツ向けのワイヤレスイヤフォン
  • イヤーフックのついたカナル型ヘッドホンで外れにくい
  • 12時間の連続再生時間と10分充電で1時間再生使えるようになる急速充電技術「FastFuel」対応
  • W1チップ搭載で複数台のペアリングが楽、接続先の機器から切り替えられる

雑感

  • イヤーフックのおかげで外れにくい。その分、適切な位置を見つけるのが難しい
    • つけ方はマニュアルをよく見て、心地よい位置を探す。1週間ほどで慣れた
    • 眼鏡をかけていてもなんとかなる。Powerbeats 3 Wirelessを先につけてから眼鏡かけるとよい
  • イヤーチップがS、M、Lと形状違いの4種類、一通り試したけど駄目っぽい
  • Spinfit SPFT RD-01というイヤーチップに付け替えたら落ち着いた
    • コンプライの対応表を見るとT400やTx400も使える模様
  • 特徴であるApple製品での切り替えは確かに楽。Apple製品を複数持っている人にはお勧め
  • 音質はイヤーチップやつけ方で変わりやすい。低音が響く印象
  • 遮音性はあまり高くない。外の音が割と聞こえる
  • イヤホンのノズルを指でふさいでみると、ほとんど音が聞こえなくなった。耳にフィットしていれば音漏れは気にしなくていいだろう
  • バッテリーもちは売り文句通り、朝から使いっぱなしで10時間は使えた
  • マイクの音質はSkypeで使う分には実用範囲内らしい
    • ヘッドセットとUSBオーディオインターフェースの組み合わせに比べて、声がくぐもっている模様
  • 充電用のMicroUSB端子にカバーはついていない。気になる場合は市販のカバーをつければよさげ

iPhone 7 Plusを買ってしばらく経ちました

概要

  • 機種: iPhone 7 Plus 256GB
  • 色: ブラック
  • キャリア: au

雑感

  • 基本はiPhone 6s Plusと変わらず
    • 画面がきれいになったような気がする
  • 使っていて大きな違いを感じるのは、被写界深度エフェクトが使えるカメラ
    • エフェクトであり、ベータ版ということもあって、妙なところがぼけたりする。正式版になったら、もっときれいになるだろうか
  • ヘッドホンジャック廃止はBluetoothヘッドホンユーザにはあまり、関係がない
    • 有線でつなぐにはLightning端子にアダプタを使わないといけないのは痒い
      • いっそうのこと、音ゲーなどにも耐えられる低遅延の独自規格と対応ヘッドホンを同時に売ればよかったのに、と思わないわけでもない
    • ペアリングが楽になるW1チップ搭載のBluetoothヘッドホンはなかなか出回らない模様。発表と同時に予約・購入ができたのがAppleの良さだったと思っていたので残念
    • いっそうのこと、Lightning端子廃止してUSB Type-Cにすればいいのに、と発売前は思っていた。実際に使ってみるとLightning端子の安心感があるからこのままでよい
  • 防水になった恩恵は今のところ、ない
  • Felica対応した恩恵は今のところ、ない
    • PASMOにはまだ対応していないという。そもそも、対応するのだろうか
    • Suicaを新規で発行して入れておくのも手か? 財布忘れたときの保険
  • ステレオスピーカーになり、音が片側から出てこない違和感が消えた。スピーカーの性能としては、まあまあ
  • 物理ホームボタンの廃止、最初は違和感があったものの使い始めると慣れるもので
    • ヨドバシの店頭で触ったデモ機と感触が違う。設定のほかに個体差があるかもしれない

ZenPad 3 8.0(Z581KL)レビュー

諸般の事情で購入。

概要

ベンチマークスコア(Antutu)

  • トータル: 66036
  • 3D: 18139
  • UX: 22567
  • CPU: 18774
  • RAM: 6557

長所

  • 片手で持てるサイズと重さ。
  • 耐指紋コーティングされているので指紋がつきにくい。
  • ステレオスピーカー搭載でBGMを鳴らしたりゲームを楽しむ分にはちょうどよい。
  • 背面の皮風の加工が滑り止めになる。

短所

  • ややつくりの甘いところあり。何回かきしむ音がした。プラスチック筐体だからしょうがないか?
  • 削除できないプリインアプリが多い。
  • 背面の加工、シリコンだか何だかでコーティングしてあるようだ。剥げたりしないか気になる。

雑感

諸事情というか

iPhone 6s Plusをうっかりアップデートしたら、iOS 10には対応していないアプリがでてきた。とりあえずは待つか、と思ったら対応する気配がない。イベント期間中なのにこれはまずい、ということで購入。人類を救うためには必要だったんだ。

ようは、FGOのためである。艦これ需要ならぬFGO需要。こんなことする人間はそういないと思う。

Fate / Grand Order

プレイ可能。

宝具演出のカットイン、クリティカルスターが集まるときのエフェクトなどで引っかかりがある。設定の変更などで回避できるかもしれないが……どうだろうな。

アスペクト比の都合で上下に帯が表示される。

拡大して表示しているため、ぼやけて表示されるパーツがある。気になる人は気になるだろう。

熱に関しては温度計を持っていないので数字が出せない。室温24℃の部屋で1時間ほどプレイして、ぬるま湯程度の温度。アプリ「Assistant for Android」で確認するとCPU温度31℃だそうで。

約8インチ

片手で持てるサイズで電子書籍を読むにはちょうどいい。特にスペースが限られている電車の中。

減らそう、ガジェットと言っておきながら増えている

ストレスたまると自制心が弱まるんだよ、うん。

Xperia Z5 Compact用ケースを購入

Xperia Z5 Compactを裸で使い続けるのも怖いのでケースを購入、色々ケースは買ってはきたけど、木が使われているケースは初めて。

PVC素材のケースの背面に木材が使われている。持った感じは軽い。

加工も丁寧でパーツの接合部も滑らか。

課題は熱がどれだけこもりやすいかで、こればかりは使ってみないとわからない。

Xperia Z5 Compact

他の候補

  • Nexus 5X
  • ZenFone 3シリーズ

決め手

  • SDカードが使える
  • ユーザが多く情報が入手しやすそう
  • アクセサリが入手しやすそう
  • expansysで在庫があった
  • 持ちやすそうなサイズ
  • 音楽系の機能が面白そう

設定

  • Xperia Companionを使って初期化
  • Wi-Fiの設定
  • みおふぉんのAPN設定
    • APN一覧を取得して、選択するだけで済んだ
  • 不要なアプリの削除
  • IS06で使っていたアプリのうち、今でも生きているものを導入
  • SDカードに音楽転送
  • Android Assistantを使ってシステムキャッシュのクリア
  • Google Play開発者向けサービスの再インストール

追加したアプリ

  • twicca
  • TwitPane+
  • X-plore
  • ingress
  • LastPass
  • みおぽん
  • Evernote
  • Skype
  • TinyCore
  • Android Assistant

雑感

  • 自由度高い分、ユーザが面倒を見ないといけない部分が多い印象
  • バッテリーの消費量を抑えようとすると骨が折れる
  • プロセスの一覧が確認できるのは便利
  • SDHCで容量増やせるのは良い。制約はあるのでその辺は注意
    • EeePCを使っていたころを思い出した。本体のストレージが足りない分をSDカードで補っていた

参考