作成者別アーカイブ: 姫宮フィーネ

姫宮フィーネ について

職業SEもどきで物書きでPCやガジェット大好きer。

ゴーストの配布ページを作る

配布ページを作る理由

  • 人に教えやすい
  • スクリーンショットや紹介文を載せられる
  • 注意事項や連絡事項も載せられる

作り方

レンタルサーバーを利用している場合

レンタルサーバーを利用していない場合

  • サイト作成用のサービスを利用する
  • ブログを流用するのもあり。ただ、ブログは日々更新するのに向いているデザインなので工夫がいる
    • ヘッダーやサイドバーからゴースト配布記事にリンクするなど

Lenovo Yoga Bookレビュー

買わない買わないと言っていたのに買ってしまった。まさに衝動買い。

購入したのはYoga BookのWindows版のLTE搭載モデル。

外観

平らなHaloキーボード、Watchbandヒンジが目を引く。

キーボードのストロークを切り捨てた分、とても薄い筐体になっている。

拡張性

電源ポート兼用Micro USB端子がひとつ、Micro HDMI端子がひとつ、ヘッドホンジャックがひとつとかなり割り切っている。

OTGに対応しているのでハブをつないで、本体に給電しながら周辺機器を繋げられるらしい。

スロットにはMicro SDカードとLTE対応モデルならNano SIMが刺さる。

他に何かつなぐならBluetoothを使うのがよさげ。せっかく持ち運びしやすいデザインをしているのだから、ケーブルだらけにするのはもったいない。

Haloキーボード

目玉のHaloキーボードはタブレットのソフトウェアキーボードをイメージするとわかりやすい。

打ちにくさは確かにあるけど、短い文章を打つ分には十分に使える。

速度比較

Haloキーボード

使い慣れたデスクトップPCのキーボード

タッチパッド

思っていたよりも縦が狭いので誤爆する。慣れが必要だと思う。

ストレージ

eMMC 64GBとインストールするプログラムや保存するファイルを選ぶ必要のある容量。

Micro SDカードを活用しないと厳しいのではなかろうか。

空き容量を増やす

  • 不要なプログラムのアンインストール
  • Compact OS化 compact /compactos:always
  • WinSxS フォルダーのクリーンアップ
    • Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase
  • ディスクのクリーンアップ
    • 管理者権限でごっそり削る

最終的には使用領域19.1GB、空き領域38.3GBになった。

スピーカー

この薄い筐体からどうやって出しているのかわからないぐらい感じに鳴ってくれる。

軽く音楽を聴いたり、動画を見る分には十分な仕事をしてくれるだろう。

メモリ

4GB、いくつもウィンドウを開く、タブを開くといったことをしなければ十分かと。

CPU

Atom x5-Z8550、スペック的には軽作業向け。

この世代のAtomは頑張れるので見ようと思えば、ブルーレイの再生もいける。いろんなことを同時にはできなくても、ひとつのことなら快適にこなせる。

さすがに3Dバリバリのゲームは無理。

メモ

ドライバーのアップデート

  • 現時点ではIntel Battery Management Deviceのドライバーアップデートを行うと起動に失敗する模様
    • セーフモードで起動して、ドライバーをロールバックすれば起動するようになる

リカバリやセーフモードでHaloキーボードは使えない

使えるタイミングもあるが、基本的には使えない。

USB接続のキーボードがあるとリカバリの作業が格段と楽になる。

雑感

10インチのWindowsタブレットとして運用中。

テントモードで使って動画見たりするのにちょうどよい。

Windows 10 Creators Updateの配信が間もなく

ファイルのバックアップ、ネットワーク関係のドライバをローカルに保存しておくぐらいはしておいていいかも。

FGOをはじめて1年近くが経った

先輩マスターである弟から散々やらないと言っていたのにな、というツッコミをいただいている。

きっかけ

特に何があったわけでもなくて、なんとなくはじめた。

その時点ではFateシリーズはアニメの情報が断片的、本編もWikipediaなどで概要を知っているぐらい。なぜかプリズマイリヤだけは追いかけているという状態。

セーブデータがキャッシュに保存されており、キャッシュをクリアするとデータが消えるだとか、長時間メンテナンスを行っただとか、そういうネガティブな話も聞いていた。まぁ、ハードディスクの中身が吹き飛ぶわけでもなし。

縁に助けられ

弟とその友人の支援があり、ハイスピードで攻略していた。AP半減キャンペーンの影響も強いと思う。

たいていの敵はランスロット(狂) with 凸カレスコで薙ぎ払えた。ちなみに戦術の見直しを迫られたのは5章から。

シナリオ楽しい

久しぶりにノベルゲー的なものをやっているわくわく感と最新の章に追いついたときのリアルタイム攻略時のわくわく感がたまらん。

シナリオも想像しがいがあって楽しい。

当初の方針としては

  • 各クラスで全体宝具、単体宝具持ちを一騎ずつ育成する
  • スキルは素材の負担が軽い4、CTが短くなる6止め
    • 10はエンドコンテンツだからやめておけ、とも言われていたので
  • レベルアップ、再臨が優先でイベントがないときは種火周回、イベントがあればそちらを優先して素材を集めた
  • ガチャはログインボーナス分だけで回す

運命の5章

敵のレベルが高くなり、難易度があがった。

フレンドのサーヴァントだけではごり押しが効かなくなってきたので、攻略をやめて育成に力を入れるようになった記憶。

運よく、ラーマとナイチンゲールが来てくれたことで、突破できた。レベリングもしたおかげで、それなりの戦力が整った。

君の知っている私は死んだ

京都イベントの酒呑童子にひとめぼれして、有償のガチャを解禁。めでたく入手できたわけだが、育成コストの重さにおののいた。

でも、性能と可愛さが勝った。~~やりましたよ、ラケル博士!~~

戦力の拡張スピードが跳ね上がったのでよかったとも言えるけど、これは確かに自制しないと危ないな、と思った。ほどほどに回しているけど。

パーティ編成

種火周回パーティ

これがなかなか組めずに苦労した。

とりあえず、アーラシュ、清姫、フランの3人をアタッカーにし、フレンドの孔明でNPチャージを行う形で完成。

周回速度が跳ね上がった。やや罪悪感も跳ね上がった。

今はアタッカーがアーラシュ、ゴルゴーン、フランで補助がマーリン。

修練所周回パーティ

これどーにもならないので単クラスで編成している。基本的にはパワーで押し切る。

フリーパーティ

汎用で突撃できるような感じでゆるく編成の試行錯誤中。

ヴラド、マシュ、マーリンを前衛においたパーティがいること多し。

1部の最終章は熱かった

シナリオの面でも素材集めの面でも。

1.5部はどうなのよさ

難易度高めだけど楽しめたのでよし。

今後どうなるかはわからないけど、長く楽しみたいもので。